top of page

2023年における太陽光パネルの現状

今日は太陽光パネルを取り扱う会社の営業さんと、じっくり太陽光パネル・発電について改めて現在の状況など情報交換しました。


正直、これまで弊社ではほとんど太陽光パネルの相談はありませんでした。

私が個人事業時代に手掛けた新築住宅で1棟、ユー・ハウス工業で1棟。


ここ数年は相談自体も全くありませんでした。


ですが、皆さんもご存じの通りここにきて電気代の大幅な値上げにより、全国的に太陽光パネルの導入を検討される方がかなり多く殺到しているとの事です。

そして弊社にもお客様から検討したい、と相談がありまして、私自身の振り返りも含めて担当の方に来て頂いてじっくりと復習しました。


私が手掛けた時は売電価格もそれなりで、なるべく多くのパネルを搭載してガンガン発電、余剰電力を売って早く回収できます、といった風な捉え方を多くの方がしていたと思います。

ですが、ここ最近は売電でのメリットは期待できず、むしろ発電している日中の電力を如何に上手に使って、発電しない夕方~夜~朝の時間の電力消費をどう抑えるか、という考え方に完全にシフトしたようです。

深夜電力型から、日中太陽光発電型と考え方が全く逆転した訳です。


更に、単純に電力の単価が太陽光発電により算出した単価よりも高くなった事で、導入検討されている方が急増しているということなのでしょう。


とは言え導入費用としても安くて120万円~と高額の為、簡単には導入できませんよね。

また、工事そのものよりも導入の為の申請に短くて3ヵ月、長くて半年ほどかかるそうです。

4月に工事を決定したとしても、実際に太陽光パネルが稼動するのは8月頃と考えていても間違いないかと思われます。


詳しく書くとかなり長くなってしまうため(笑)この辺にしておきますが、もし詳細を聞きたいという方がいましたら、お気軽にご相談下さいませ!

閲覧数:38回0件のコメント

Commentaires


bottom of page